ページ

2010年10月5日火曜日

アメのこと


※意外につらくて大岳山(奥多摩)の山頂でくたばる雨宮氏


にわかに信じ難いが、大学の芝居仲間のアメが日本酒修行に三重県に行くという。
送別会を企画してしまっているが、嘘だったりして。
アメの人望か、すぐにレスがあって結構人が集まっている。
まあ、それはそれで。
ひとつアメのことを書いてみる。


初めて出会ったのは明治大学和泉キャンパスの噴水で。
クラス友達から紹介されて、初めて話す。
なぜか伊達メガネをかけていた。
湘南に住んでいる、と聞いてかっこいいですね、と返した記憶がある。


俺の初芝居で共演した。
よだれがよく出るらしく、客席に背を向けてこっそりぬぐっていた。
俺が演出する芝居では二回()役者で出てもらった。

芝居では真面目であり器用に役を消化していた。
猿役とかバレエとかの身体表現もうまかった。
演技(?)では「やってる?」という暖簾をくぐる仕草をする姿がとても印象に残っている。
ただし、休憩時間、開演前の楽屋では駄々をこねていた。
甘えん上手だった。

いろいろ遊んだり、よく飲んだ。
ディズニーランド行ったり(1回だけ)、新歓時期には神輿作って担いだり、花見時期にはちょっと早い代々木公園で人がほとんどいないのに場所取りしたりした。
去年は山登りの中心メンバーとして会っていた(ちなみに俺がいないときに彼は奥多摩で遭難している)。


中でも一番印象に残ってるのは、ヒッチハイクで神戸に行ったこと。
当時のアメのブログ

あれは2008年5月。
俺が大学卒業して、受かる見込みのない就活をしている時期。
アメは5年目の大学生をしている時だ。
時間を持て余していた我々はその日、王子で芝居を観た後、飲むために新宿に赴いた。
何人かに連絡したが、メンツがすぐに揃わず、ヒッチハイクでもするか(この辺の記憶はあいまい)、となってそのまま神戸に向かうことに。
東京デスロックの多田さんというイケメンの神戸での芝居を見に行くというのが一応の名目。
早朝に神戸に着き、漫喫に行って仮眠した。
その後、場外馬券場いったり、大阪のUSJ近くまでたこ焼き食いに行ったり、目的の芝居を観た。
その日、神戸は夕方から雨が降っていた。
俺が雨を降らせているという「神戸様」設定で、しきりアメは俺のことを「神戸様、神戸様」と呼ばわった。
電車で高速のSA近くの駅まで行く。
そこからSAに向かう道ではかなりの雨が降っていてズボンはかなり濡れた。
かなり暗くなっている中で、二人で歩いた。
あの未知の場所で、濡れながらいろいろ語らいながら歩く二人だけの時間。
とても印象に残っている。
その後、SAで一夜を過ごし、朝はとてもいい香りのする焼きたてのパンを食べた。
3台の車を乗り継いで帰る。
三台目ではドライバーの方に、就職や将来へのビジョンの甘さついていろいろ言われたな。
終わりには、コンビニの缶ビールで締め。
さりげないけれど、小さな充実感があった。

2 件のコメント:

あまのみ さんのコメント...

良い文章だね。
導入部なんて泣けてくるよ。


あれは俺がもともと東京デスロックを見てみたかったんだよね、神戸でやってるってのは知ってて、で芝居のこと一切口に出さず
「神戸行こう」「いいよ」
だからね。あの「いいよ」がすごく良かったんだよね。あと黒豆パン。
それとあの夜道の三点セット。

hironarikobayashi さんのコメント...

>本人
どうもどうも。
てことは、三重行くのは本当なのですね。

へえ、行くの決まるとこもいいな。
忘れとった。
黒豆パンだ、そうだ。
そういえば、灯台好きの夫婦にくさやをもらったね。